人材育成、人材マネジメントのラインホールド

リスクの取り方考え方のお話

time 2021/01/25

話としては、報告書の作成がベースになっているのだが、これは、リスクをどう取るか、どのように考えるかのお話。

できるビジネスパーソンは、これを淡々とやる。そうでないビジネスパーソンは、頭に血が上ってリスクにさらされる。

まあ、機械であればこれで済むのだが、人間はまったく合理的ではない。無軌道でもないけれど。

その人間らしさも包含させてリスクの取り方を考えると面白い。

実際、どんなことがあっても取引を守ろうとする人もいれば、「ふざけんな、てやんでい、ちくしょうめ」と結構な売り上げを捨ててまで筋を通そうとする人もいる。

ビジネスでは前者が正しく、人間活動で言えば後者も正しくなる。

報告書の作成 リスクの観点が大切
※当社の別サイトに飛びます。